2012年 第29回 フェブラリーステークス 分析予想

   

2012年のGI 開幕戦!「第29回 フェブラリーステークス」の分析予想。

単勝1番人気馬が抜群の好走率!

過去10年の単勝人気別の成績を見ると、「1番人気」馬が勝率8割、3着内率で9割と好成績を納めている。また、「2番人気」「3番人気」は3着内率で4割以上をマークしているのに対して、「4番人気以下」のグループは同3割以下となっている。「1番人気」馬だけでなく、「3番人気以内」の上位人気馬が、期待に応える走りを見せる傾向が強いレースと言えるだろう。

勝ち馬は前走3着以内が有力?

勝ち馬10頭はいずれも前走で「3着以内」に入っており、しかも前走「1着」馬は3着内率で4割以上となっている。

近2走の着順に注目!

前々走と前走の着順を比較してみると、「近2走ともに1着」だった馬は勝率3割以上、3着内率では4割以上となっている!また、「前々走と前走の着順が同じ」・「前々走より前走の着順が上」の馬も3着内率では2割超えとなっている。前走がも前々走より同着以上成績の出走馬に注目しておきたい。

「ジャパンカップダート」「東京大賞典」への出走が重要!?

近3走以内で、年末に行われるダートのGI レース、「ジャパンカップダート」と「東京大賞典」の2レースともに出走していた馬は3着内率が高いことが分かった。また、「東京大賞典のみ出走」は同30.0%、「ジャパンカップダートのみ出走」も同25.0%と、「いずれも出走なし」よりを大きく上回っている。

[PR] スポンサードリンク

うまコラボ

 - フェブラリーステークス , ,