2012年 根岸ステークス レース後のコメント

      2013/04/15

東京11Rの根岸ステークス(4歳以上GIII・ダート1400m)は、4番人気シルクフォーチュン(藤岡康太騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分23秒5。1馬身半差の2着に9番人気トウショウカズンが、ハナ差の3着に5番人気テスタマッタがそれぞれ入線。

シルクフォーチュンは栗東・藤沢則雄厩舎の6歳牡馬で、父ゴールドアリュール、母シルクエスペランサ(母の父Alwuhush)。通算成績は25戦7勝となった。

根岸ステークスレース後のコメント

1着 シルクフォーチュン 藤岡康太騎手
「返し馬の雰囲気がよかったですし、状態が上向いていると聞いていました。スタートはいつも通りで、道中は自分から走る気を見せていたので、この分なら直 線でいい脚を使ってくれると思っていました。本当にいい脚でしたね。賞金も加算できましたし、次(フェブラリーS)も面白いレースになると思います」

2着 トウショウカズン 田辺裕信騎手
「右回りは何ともないのですが、左回りはモタれてしまいます。力はあります」

4着 タイセイレジェンド 内田博幸騎手
「ペースが遅くなりそうだったので、抑えるよりはと思い、ハナに行きました。自分のペースを守れましたし、交わされてからもよく粘っていました。1400mも合っていると思います」

5着 ダノンカモン 福永祐一騎手
「今までスムーズな競馬しかしていませんでしたし、今日もスムーズな競馬をさせたかったのですが、内枠でしたし、厳しい競馬になってしまいました。久々に 砂を被って嫌がっていましたが、よく我慢してくれました。直線はスペースが開きましたが、そこを突けませんでした。こういう競馬もできるようになって欲し いです。パドックでも上ずっていてちゃんと歩いていませんでした。今回使われてよくなると思いますし、悲観する内容ではないです」

8着 サクラシャイニー 浜中俊騎手
「重賞初挑戦でしたからね。まだまだこれからの馬ですよ」

[PR] スポンサードリンク

うまコラボ

 - 前哨戦 , , , , , , , , ,