コースの特徴

【東京競馬場 ダート1400m】
根岸ステークス レースコース

JRAでダート1400mが組まれているのは、東京、京都、阪神の3場あるが、純粋にダートコースを1400m走り切るのは当コースだけ。他は芝スタートとなっているからだ。当コースのスタート地点は向正面直線の右寄り。1300mのスタート地点からそのまま100m下がる。3コーナーまでの距離は約440m。しばらく進んだところで緩やかな上り坂が待ち構えている。3~4コーナーはほぼ平坦。最後の直線距離は501.6mで、日本のダートコースで最長距離を誇る。途中、緩やかな上り坂があるのも特徴だ。前半3ハロンの水準時計は3歳以上の500万クラスからOP特別までほぼ五分。

【有利な脚質と枠順】
序盤からペースは上がりやすい。しかし、前半の主導権争いでひるんでいては勝負にならない。基本的には逃げ・先行が強いので、下級条件では先行力が一番のポイントとなる。
重賞・根岸Sではさらにペースが上がるため、差し馬の好走が多くなってくる。が、その場合でも馬群の大外を回わらされる馬は厳しい。中団の馬群の中で脚を溜め、できるだけ距離ロスを防いでいるシーンが多いはずだ。枠順はフラット。種牡馬成績はクロフネ、アフリート、フォーティナイナーが勝ち鞍を量産しているものの、回収率は低い。アグネスデジタル、サウスヴィグラス、Grand Slam、ワイルドラッシュが好走率・回収率ともに高い。サクラバクシンオー、ブライアンズタイムはやや活力が失われている印象。 

【クラス別水準ラップ(3F-1F-3F)と勝ち時計】
2歳OP特別・重賞(─)
3歳以上500万(35.6-12.4-37.3=1.25.3)
3歳以上1000万(35.4-12.3-36.9=1.24.6)
3歳以上準OP・OP特別(35.6-12.1-36.3=1.24.0)
3歳以上重賞(34.6-12.2-36.7=1.23.5)

[PR] スポンサードリンク

うまコラボ

公開日:
最終更新日:2012/09/02